意外知らない!?ノンシリコンシャンプーってどんなシャンプー?

ここ数年で市民権を得た「ノンシリコンシャンプー」。

最近は髪が潤うノンシリコンシャンプーも増えたけど、ノンシリコンシャンプーはキシキシしたり、洗い上がりがパサパサになるものが多く、髪に優しいとは分かりつつ苦手意識が多い人も多いのではないのでしょうか?

知っているようで意外と知らない、ノンシリコンシャンプーの秘密に迫ります。

そもそもシリコンって何?悪い成分なの?

ノンシリコンシャンプーの説明に欠かせないのが「シリコン」。

ノンシリコンシャンプーがもてはやされてから、何となく悪者にされがちなシリコンですが、本当に髪に悪いのでしょうか?

まず、シリコンについて見てみましょう。

シリコンとは?

シリコンとはシリコンオイルとも呼ばれ、化粧品やヘアケアに用いられており、髪や肌に被膜をつくってコーティングします。また水や汗をはじき、洗い上がりは、滑らかな肌や髪に仕上げてくれる働きをします。

これだけ聞くと、シリコンってとても良いものに思えますが、シリコンが良くないと言われている一説があるのです。

それは、シリコンの強いコーティング力のせいで毛穴が塞がれ、頭皮の場合は髪を生えにくくするというもの。(もう一度言いますが、あくまで一説です!)

こう言った理由から、毛穴にダメージを与えにくい「ノンシリコン」がもてはやされているのでしょうね。

ノンシリコンシャンプーとは?メリット・デメリットも


ノンシリコンシャンプーとは、この「シリコン」が配合されていないシャンプーのこと。

続いてノンシリコンのメリット・デメリットもみてみましょう。

ノンシリコンのメリット

シリコンが髪をコーティングしないので、かろやかな髪に

健やかな頭皮環境を保ちやすい

カラーリングやトリートメントが浸透しやすい

ノンシリコンのデメリット

髪がきしみやすく、絡みやすくなる

紫外線や熱などのダメージを受けやすくなる

傷んでいる髪にとっては摩擦が増えかえって傷みやすくなる

ノンシリコンシャンプーって結局どうなの?


シリコンの量や、正しいケアをすれば通常のシリコン入りシャンプーは悪くないものだという人は多いです。

ただ、余計なものが入っていないノンシリコンシャンプーを髪に優しいと考える企業や人も多いことから、ノンシリコンシャンプーやノンシリコンのコスメは増えています。

自分の髪の状態をみて、シリコンが入っているものが適しているのか、それともノンシリコンが適しているのか色々と試して見極めてみましょう。

※記載内容は現在のサービスと異なる場合があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

関連記事