在宅でできる美容師の副業おすすめ6選。バレない方法や確定申告も!

お客さんの髪をキレイにして笑顔が見たい、美容が好き、人と接するのが好き…など夢を持って選んだ美容師の道。

ただ、スタイリストデビューするまでに長い過酷なアシスタント時代(給与も安い上に長時間労働)があり、そしてスタイリストデビューしてもカリスマ美容師になるまでは給料が安く、やっとカリスマ美容師になり独立し、自分のお店を持てたとしても今度は経営が…。

好きで選んだ道なのに、金銭面で苦労することが多い美容師という仕事。

美容師は好きで続けたいけど、もう少し安定したお金が欲しい給与以外の収入を得たい収入のポケットは分散しておきたい、という人のために美容師におすすめの副業を6つ、紹介します。

美容師が副業した方が良い理由は?

美容師の平均年収は約280万円。男性美容師は約300万円、女性美容師は約270万円です。

一般的な会社員の平均年収は441万円(国税庁が2019年9月末に調査した資料より)となっているため、サラリーマンの平均年収と比べてかなり低いですね。

美容師の給与は固定給+歩合で決まる場合が多く、歩合は売上の3%~30%の間が多いですが、平均の歩合は売上の10%以下、という場合がほとんど。

給与が安く生活が苦しい人が多いため、副業で収入のポケットを増やしておくことで精神的にも生活的にも安定します。

美容師の副業で選ぶポイント

美容師の副業で大事なのは、本業に影響が出ない副業を選んだほうが良い、ということ。

本業で忙しい毎日を送っている人も多いため、できるだけかける時間を減らす、短い時間でできる副業を探すのが大事です。

美容師の副業でおすすめのポイントは3つ。

  • 在宅でできる副業
  • 自分のキャリアやノウハウを生かせる副業
  • 安定した収入のポケットになる副業

さらに、瞬間的な収入ではなく、できれば自分の資産となるような副業がおすすめです。

美容師の副業は会社にバレないか?

副業禁止の美容室もあると思います。

会社にバレないよう副業するのに一番大事な事は、1年間の収入金額を20万円以下にすること。(※1年間とは1月~12月の間のことを言います)

1年間の収入が20万円を超えてしまうと確定申告が必要になり、副業をしていることが会社にバレてしまいます。

但し会社と業務委託契約、個人事業主契約をしている人はこれは対象になりません。

確定申告はどうしたら良いの?

1年間に20万円以下の収入の場合は確定申告は必要ありません。20万円を超えたら確定申告が必要です。

確定申告は白色申告と青色申告がありますが、1年間で20万円以上の収入が見込める場合はお住まいの市町村の税務署で「個人事業主登録」と「所得税の青色申告承認申請書」の提出をし、青色申告で確定申告をするのがおすすめです。

初めて青色申告するには?必要な申告書は?初心者のための完全解説 

なお、会社員(サラリーマン)でも個人事業主登録ができます。個人事業主登録をすると事業に関わるものは経費にできますので(家賃など)節税にもなります。

青色申告は難しそうですが、やよいの青色申告オンラインなどの会計ソフトを使えばはじめての人でも簡単に確定申告ができますよ。

それでも不安な方は、市町村の青色申告会に入会すれば1から教えてもらえますので安心です。

美容師の副業におすすめの仕事6選

さて、美容師の副業におすすめの仕事をご紹介します。

① ライターとして記事を執筆して稼ぐ

稼げる金額:月額2万~5万程度

まず、一番簡単で早く稼げる方法が、ライターとして記事を執筆して稼ぐ、です。

クラウドワークスなどに登録し「ライター」「記事執筆」などで検索すると依頼がたくさん出てきますので、その中から美容記事などで書けそうな記事を執筆します。

報酬の目安は1文字1円~、だいたい2000~5000文字程度の依頼が多いため、1本書いて2000円~5000円ほどの報酬になり、10本書いて2万円~5万円ほど稼ぐことができます。

メリット

  • 初心者でもすぐに手軽に始められる副業
  • 仕事の数が多い
  • 在宅で仕事ができるため空き時間に副業が可能
  • 頑張れば頑張っただけ収益を得ることができる

デメリット

  • 実際に書いてみるとわかるが2000~5000文字を執筆するのはかなり大変
  • 文章を書きなれていない人だとなかなか筆が進まない
  • 1文字1円なので報酬が低く、思ったより稼げない
  • 依頼者によっては差し戻しが多く、効率が悪い

② YouTubeやブログなどで情報を発信して稼ぐ

稼げる金額:月額0~100万

今の時代は自己ブランディングをしてそれをお金にする、という人も多い時代ですし、またそれが可能な時代です。

自身の得意なこと(美容のことなど)や、それ以外にも趣味で好きなことなどを発信し、発信した対価として広告収入やアフィリエイトで収益を得るというもの。

収入を得ることができるようになるまでは時間がかかりますが、一度収入を得られるようになると積み上げ式で同じコンテンツから何年もお金が発生することもあります。

人気ブロガーや人気YouTuberになれれば月額100万などの収入も可能ですが、人気が出なければ0円という厳しい世界です。

メリット

  • 誰でも簡単に始められる
  • 初期投資0円
  • 人気が出れば月額100万円の収入も夢じゃない
  • 先駆者がたくさんいるので本などを読んで勉強が可能

デメリット

  • 稼げるまでに最低1年以上はかかる(その間は無収入を覚悟)
  • 毎日コツコツコンテンツを投稿しなくてはいけない。
  • ネタを探すのに苦労する人も多い
  • 継続して発信し続けるのが大変で途中で挫折する人も多い
¥1,760
(2020/06/06 16:48:15時点 Amazon調べ-詳細)

③ オンラインサロンを開設して稼ぐ

稼げる金額:月額0~1000万

自分の知識を生かしてオンラインサロンを開設して稼ぐ方法もあります。特に人気美容師になってきた人は、このオンラインサロン方式はとても有効です。

自分の知識やノウハウをサロン生に教え、月額会費をいただきます。Facebookのグループなどでサロン生と交流しながら運用していくのが一般的。

箕輪編集室や堀江貴文イノベーション大学など人気のオンラインサロンは月収1000万の人も。

メリット

  • 自分の知識やノウハウを生かして副業できる
  • 基本はFacebookのグループでの運用なので手間がかからない
  • 既にファンがついている人は成功しやすい
  • ストックビジネスなので一度会員になってもらえばその後ずっとお金が入る

デメリット

  • オンラインサロンで成功するのは一握りなので企画力が大事
  • 会員数が少ない時は運用の手間のほうが大きい
  • 運用のノウハウがわからないで悩む人が多い
  • 全くお金にならない可能性

④ メディアの記事監修をして稼ぐ ★おすすめ

稼げる金額:月額3万~10万程度

①のライターと似ていますが、こちらは自分で執筆するのではなく、他人の書いた記事を監修するという仕事です。

基本的には自分の写真と名前を出して監修することが一般的ですが、1記事監修するだけで3000円~10000円の報酬を得ることができます。月に10本監修したとして、月額3万円~10万円稼ぐことができます。

記事監修の仕事はなかなか見つからないと思いますが、クラウドワークスなどで「記事監修」などと検索すれば仕事が見つかります。

なお、当メディア「美髪と。」でも記事監修してくださる美容師(元美容師でも有資格者であればOK)・毛髪診断士を募集しておりますので、「記事監修応募」と明記の上、お気軽にお問合せくださいね。

記事監修の応募はこちら

メリット

  • 在宅、空き時間で仕事が可能
  • 他の仕事より高収入で副業ができる
  • 執筆なしで監修のみのため、執筆よりも楽
  • 自分の知識や経験を生かせる
  • 将来独立したときの集客にもなる

デメリット

  • 顔写真と名前が載ってしまうので会社バレしやすい
  • アシスタントの間は知識が足りなくて監修できない時も

⑤ メルカリやヤフオクなどで稼ぐ

稼げる金額:月額0~10万程度 ※マイナスになることも

自宅にある不用品をメルカリやヤフオクで売ったり、売れそうなものを中古で仕入れて転売するいわゆる「せどり」をして稼ぐ方法です。

メルカリやヤフオクでは相場よりも安く販売している人が多数いるため、早くそれを見つけて購入し転売して儲けるというやり方。また、家にある不用品をとにかく売ってお金にするというのも良いでしょう。

それから少しハードルは高いですが、海外から安く仕入れて国内で高く売る、という方法もあります。

メリット

  • 家にある不用品を売るならすぐに始められる
  • センスが良ければかなり高額の転売ができる
  • 実際に売ったり買ったりすることが楽しい

デメリット

  • 軍資金が必要なため最初は赤字になることも
  • 全く売れない場合は不良在庫になる
  • 海外から仕入れる場合は英語や中国語が必須
ソーテック社
¥1,738
(2020/06/05 19:42:12時点 Amazon調べ-詳細)

⑥ フリーの美容師やヘアメイクとして稼ぐ

稼げる金額:月額0~5万程度

普段勤めている美容室の仕事とは別に、フリーの美容師やヘアメイクとして稼ぐのもあり。

SNSを使って集客して自分だけのお客さんを集めることもできるし、場所はレンタルで美容室の一スペースを借りることもできます。

メリット

  • 自分の経験や技術が生かせる
  • 将来独立する時のステップになる
  • 思わぬ人脈が広がることも

デメリット

  • 集客が難しく最初は収入0の可能性
  • 人脈がないとなかなか仕事がない
  • 本業の美容室に競合として訴えられる可能性も

美容師の副業おすすめまとめ

頑張ってもなかなか収入の上がらない美容師。接客も美容も好きだけど続けるにはお金が…と悩んでる方も多いかもしれません。

いつかは自分の店を持つぞ!と思っている方も多いと思いますが、自分の店を持ったら持ったで集客に悩んだり、店舗の維持にかかる費用に悩んだり。

そんな時に副業で収入のポケットを増やしておくのはとても大切です。

本業をやりつつ、少しの努力で収入のポケットを増やすことを考えてみてくださいね!

当メディア「美髪と。」でも記事監修してくださる美容師(元美容師でも有資格者であればOK)・毛髪診断士を募集しております。

希望の方は「記事監修応募」と明記の上、お気軽にお問合せくださいね。

記事監修の応募はこちら

 

※記載内容は現在のサービスと異なる場合があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。