美容師直伝!女性の薄毛ケアにサプリメントは効果的?選び方と使い方

薄毛ケアがサプリメントでできることは、多くの方がご存知かもしれません。
しかし、最近ではサプリメントも種類がたくさんあるため、自分に合った選び方を知っている人はごくわずか。

女性の薄毛ケアに効果的なサプリメントの使用方法と選び方をご紹介いたします。

ご協力いただいた美容師

美容師・daiogo(美容師歴16年)

資格:美容師免許、管理美容師、色彩検定、ヘアケアソムリエ、剣道二段

過去に大手育毛カツラメーカーにて五年間職務歴あり。

男性、女性問わずサロンに来店されるお客様に向け、頭皮や髪の毛の悩みを解消できるよう日々アドバイスさせていただいております。

普段何気なく思っているような疑問、手が届きそうで届かない髪の毛あるあるをスッキリさせてもらえれば幸いです!

女性の薄毛にはサプリメントと並行して多角的なケアが効果的!

女性の薄毛の原因

女性の薄毛には、サプリメントの摂取と並行して多角的なケアが効果的です。
それというのも、女性の薄毛には様々な原因があるからです。

女性の薄毛の原因となる代表的なものを、3つご紹介いたします。
サプリメントの摂取と並行してご紹介する薄毛の原因も改善していくことで、美しく健康的な髪が得られるようになります。

女性の薄毛の原因①栄養不足

栄養不足は薄毛の原因です。
頭皮も肌と同じように皮膚の一部です。

栄養バランスが悪い食事が続いて、肌の状態が悪くなったことはありませんか?
同じように、栄養不足が続くと頭皮環境の乱れから髪の状態も悪くなります。

バランスが取れた食事とサプリメントで栄養不足を補うことで、薄毛の改善が期待できます。

女性の薄毛の原因②ストレスによる血行不良

血行不良も薄毛の原因です。

日常生活の中でストレスを感じると、私たちの身体は緊張し、血管が収縮します。
血管が収縮すると血行が悪くなり、頭皮にまで充分に栄養が行き渡らなくなります。

生きていれば多かれ少なかれストレスは感じるため、適度に解消してあげることが大切です。

女性の薄毛の原因③女性ホルモンの減少

女性ホルモンの減少も薄毛の原因です。

女性ホルモンは抜け毛の原因となるホルモンの分泌を抑制したり、健康な髪の毛を保ったりといった働きをしてくれますが、20代〜30代をピークに分泌量が少なくなります。

その他にも、女性ホルモン減少の原因には出産、ストレス、睡眠不足など様々あります。
女性ホルモンの分泌コントロールする習慣をつけることが大切です。

薄毛ケアに効果的なサプリメントの選び方

薄毛ケアに効果的なサプリメントの選び方をご紹介いたします。
ご自身のライフスタイルや心身の状態に合わせて、効果的なサプリメントを選びましょう。

栄養不足による薄毛に適したサプリメント

不摂生が続いたり食事制限によるダイエットをされていたりする場合、栄養不足が原因で薄毛になっている可能性があります。

髪の毛の主成分であるタンパク質を中心に、ビタミン・ミネラルなどをサプリメントで補うことで薄毛の改善が期待できます。

薄毛の改善に必要なビタミン・ミネラルには、亜鉛、鉄、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがあります。

特に亜鉛は「髪の毛を生やすスイッチ」ともなるもので、タンパク質に次いで摂取する必要が高い成分です。

「一度に全部摂れるマルチビタミンが良さそう!」と思われる方もいるかもしれませんが、摂り過ぎにも注意したいところ。

水溶性であるビタミンCやビタミンB群は、ある程度たくさん摂取しても体外へ排出されます。
しかし、脂溶性であるビタミンAやE、亜鉛や鉄は、サプリメントによる過剰摂取に気をつけなければなりません。

ご自身の食習慣に合わせて、総合的に摂れるマルチビタミンにするか、特定の栄養素だけのサプリメントにするかを選択されることをおすすめします。

血行不良による薄毛に適したサプリメント

血行不良による薄毛も、サプリメントで対策できる可能性があります。

肩こりや冷え性でお悩みの方は、血行不良が原因かもしれません。
入浴や頭皮マッサージと合わせてビタミンEやヨードのサプリメントを摂取することで、薄毛の改善が期待できます。

ビタミンEには血管を拡張する作用があり、さらに高い抗酸化力をもっている成分です。

頭皮の血行が良くなればきちんと栄養が行き渡ることで頭皮環境の改善が期待でき、結果的に、薄毛の改善が期待できます。

さらに一緒にビタミンCを摂取することで、その作用がより促進されると言われています。

ヨードは「ヨウ素」とも呼ばれるミネラルの一種で、主にタンパク質を合成してくれる作用があります。

また、新陳代謝を高めて毛周期(ヘアサイクル)を整える役割や、血行促進効果にも優れた成分です。

女性ホルモンの減少による薄毛に適したサプリメント

前述の通り20代〜30代をピークに女性ホルモンの分泌は減少しますが、その働きをサプリメントで補うこともできます。

環境や生活習慣が大きく変わっていないのに、髪の毛のボリュームが無くなったり髪の毛が細くなったりした場合、女性ホルモンエストロゲンの減少が原因かもしれません。

女性ホルモンの分泌量を補うサプリメントには、女性ホルモンエストロゲンによく似たエストロゲン様物質が含まれたものを選ぶのが効果的です。

代表的な成分は大豆イソフラボンです。

薄毛ケアだけではなく、女性ホルモンの減少に伴う様々な症状の緩和にもつながります。

サプリメントで薄毛ケアをする時の注意点

せっかくお金をかけてサプリメントを購入するのであれば、効果的に摂取したいところ。

サプリメントで薄毛ケアをする時の注意点をご紹介いたします。

サプリメントで薄毛ケアをする時の注意点①過剰摂取

サプリメントで薄毛ケアをする場合、過剰摂取に注意しましょう。

本来、サプリメントは食事だけでは補いきれない栄養素を補助的に摂取するためのものです。

まずは食事で栄養素を摂るのが基本。
サプリメントはあくまでもその補助として考えましょう。

サプリメントによっては、通常の食生活ではなかなか摂れない量の栄養素が含まれているものもあります。
そこで懸念されるのが、栄養素の過剰摂取。

女性ホルモンや脂溶性ビタミンなど、過剰摂取することで身体に悪影響を及ぼす栄養素もあります。
特にこれらの栄養素をサプリメントで摂取する場合は、本当に必要かどうかを考えてから摂取しましょう。

サプリメントで薄毛ケアをする時の注意点②不摂生

「サプリメントを摂っているから」という理由で生活が不摂生になっていませんか?
あるいは、仕事などで自分に無理をさせ過ぎていませんか?

そんな方は、すぐに日々の生活習慣や食習慣を見直しましょう。

サプリメントはあくまでも補助食品です。
飲んでいるからと言って、薄毛の改善が保証されるわけではありません。

サプリメントを摂りつつ、自分でできる薄毛の原因を改善していくことで、結果的に健康的で美しい髪が手に入ります。

サプリメントで薄毛ケアをする時の注意点③処方薬との飲み合わせ

処方薬を飲んでいる方は、サプリメントを摂取する際に飲み合わせに注意してください。

確かにサプリメントは「食品」に分類されます。
しかし、そもそも食品との相性が悪い処方薬も存在します。

食品との相性が悪い組み合わせで代表的なものは、オレンジジュース(ビタミンC)と利尿剤、納豆(ビタミンK)と血液凝固防止薬などです。

薬の種類によって、「サプリメントとの併用不可」「飲む時間をずらせば可」なものなどがあります。
処方薬を飲んでいる方は、必ず医師や薬剤師に相談してからサプリメントの摂取を検討してください。

また、もし処方薬や常備薬などを飲んでなく、しっかりと用法用量を守っているのに身体に異常を感じた場合などもすぐにサプリメントの服用をやめ、専門医に相談するようにしましょう。

女性の薄毛ケアに効果的なサプリメントの使用方法と選び方:まとめ

女性の薄毛ケアに効果的なサプリメントの使用方法と選び方をご紹介いたしました。
自分に合ったサプリメントの摂取と並行して、生活習慣・食習慣の改善、ストレスケアをしていくことが薄毛ケアにつながります。

薄毛ケアのためにサプリメントを選ぶ際に参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

さとえり(お菓子教室トイガルテン運営)

お菓子教室を運営しながら目黒のIT会社でライターをしています。製薬会社→洋菓子店→人材紹介会社→お菓子教室→IT会社、という経歴。適当に作ってもおいしくできるグルテンフリーレシピを考えるのが日課です。
HP:トイガルテンのグルテンフリースイーツレシピ

※記載内容は現在のサービスと異なる場合があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

関連記事